がん医療の現在21

「がん医療の現在(いま)21」

第26回がんについての市民公開講演会記録

ISBN 978-4-87066-157-8
判型B5
ページ 46
定価 823円(本体762+税8%)
送料 360円(税共)

1.がんを知り,がんに挑む~研究の場から~

国立がんセンター研究所 副所長/中釜 斉

【目次】
§1 がんはいくつかの段階を経て≪がん≫となる
§2 がんの≪研究≫にも時間を要する
§3 がんの原因を探る
 ● がんは遺伝するのか
 ● タバコとがん
 ● 感染症とがん
 ● 食品とがん
§4 遺伝子の≪傷≫とは何か
§5 がん関連遺伝子を探ることで可能となる治療
§6 がんの基礎研究に与えられている課題
 ● マイクロRNAの研究
 ● がん幹細胞
 ● 生活習慣とがん

おわりに

【Q アンド A 】
 遺伝性のがんについて
 喫煙で生じたがんは遺伝する?
 診断の感度を上げればよいのでは?
 PETでがんの早期発見は可能?
 “ストレス”はがんの原因になる?
 腫瘍マーカーの変動はがんの再燃を意味する?

2.大腸がんの最新抗がん剤治療~増えた選択肢と治療効果の改善~

国立がんセンター中央病院 消化管内科 医長/島田 安博

【目次】
はじめに
§1 切除不能・進行再発大腸がんとは
 ● なぜ切除できないのか
 ● 切除不能ながんを治療する方法
§2 抗がん剤治療の標準治療について
 ● 標準治療とは何か
 ● 大腸がんの標準治療
 ● 「48時間」も点滴を受けるの
 ● 抗がん剤の効果
§3 分子標的薬の登場
 ● ベバシズマブの特徴
 ● セツキシマブの特徴
§4 抗がん剤治療のうまい受け方
§5 知っておきたい医療費のお話

【Q アンド A 】
 がんの新薬の承認は遅くはないか?
 抗がん剤の治療効果はまだ不十分では?
 オキサリプラチンの他のがんへの効果は?
 大腸がん術後の抗がん剤治療について
 抗がん剤の効果の有無確認のための遺伝子検査は保険適応になる?


株式会社 医事出版社
〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町
4番6号
TEL:03-5643-2215
FAX:03-5643-2217