がん医療の現在15

「がん医療の現在(いま)15」

第20回がんについての市民公開講演会記録

ISBN 978-4-87066-150-9
判型 B5
ページ 48
定価 823円(本体762+税8%)
送料 360円(税共)

1.放射線治療と仲良くつきあうために

国立がんセンター中央病院 放射線治療部長/池田 恢

放射線治療でがんは根治できるの?
わが国のがんに対する放射線治療の施行頻度は、欧米に比して低いものです。
しかし、がんの種類・病期によっては、それを根治する実力を持つ治療法です。いたずらに放射線治療を恐れるのではなく、皆さんにその原理や長所をご理解いただき、わが国で放射線治療をさらに普及させるべく、放射線治療の第一人者にやさしくご解説いただきました。

【目次】
§1 放射線治療について本日ご理解いただきたいこと
§2 放射線とがん治療とのかかわり
  ● 放射線治療のメリット
  ● 放射線治療の特徴
  ● 放射線の種類と性質
  ● 放射線治療の原理
  ● 放射線治療の技術
§3 放射線が効果的ながんと副作用
  ● 放射線治療が効果的ながん
  ● 放射線治療の「副作用」
  ● 食道がんに対する化学放射線療法
§4 放射線治療は本当に安全か?
§5 放射線治療のこれから
【Q アンド A 】
  放射線の効果が「増殖の盛んな組織ほど高い」ということの意味は?
  放射線治療適応の判断基準は?
  放射線治療による「緩和ケア・対症療法」とは?
  放射線治療で「2度目の治療ができない」理由は?

2.がん医療の進歩~過去・現在・未来~

国立がんセンター中央病院 前院長 現 東京労災病院 院長/野村和弘

がん医療はどのように進歩しているの?
本講演会シリーズも20 回を迎えましたが、この10 年間のがん医療の進歩には目をみはるものがあります。
「遺伝子の病気」としてのがん発生のメカニズムの解明から、縮小手術・内視鏡による治療、さらには化学療法(抗がん剤による治療)や免疫療法、画像診断技術の進歩まで、まさにがん医療の現在と未来を展望する講演です。

【目次】
§1 がんとは?
  ● がんの死亡率
  ● がん発生のメカニズム
  ● 臓器レベルでのがんの発生
§2 切って治すがん治療の進歩~10年前の手術,現在の手術,将来の外科
  ● 10年前の手術と現在の手術
  ● 内規鏡的治療の発展
  ● 体腔鏡による治療
  ● 外科手術のこれから
§3 切らずに行うがん治療の進歩
  ● これまでの化学療法
  ● 分子標的治療薬   ● 多剤併用抗がん剤治療
  ● 免疫療法
§4 がんに勝つには?~早期診断のための機器の進歩
おわりに~がんに負けないための秘訣
【Q アンド A 】
  ”PET”の検診精度は?
  日本でも放射線治療をもっと進める努力が必要ではないか

株式会社 医事出版社
〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町
4番6号
TEL:03-5643-2215
FAX:03-5643-2217