がん医療の現在10

「がん医療の現在(いま)2000-10」

第15回がんについての市民公開講演会記録

ISBN 978-4-87066-143-1
判型 B5
ページ 52
定価 823円(本体762+税8%)
送料 360円(税共)

1.消化管がん(食道がん・胃がん・大腸がん)の内視鏡的
  治療

国立がんセンター中央病院内視鏡部長/齊藤大三

手術なしにがんを治すことができるの?
日本人に一番多いがんである胃がんをはじめとする「消化管がん」。その長年の取り組みから、内視鏡により「切らずに治す」治療が可能になっています。その治療がどのようながんで可能なのか、どのような利点や問題点があるのかについて、やさしく解説します。検診に「二の足」を踏むあなたの背中を押す講演。

【目次】
§1 消化管がんと内視鏡
 ● 消化管がんとは
 ● 消化管がんの早期発見
 ● 内視鏡による検診
 ● 診断の三つの諸相
 ● がんの「深さ」と再発の危険性
§2 内視鏡による消化管がんの治療
 ● がん医療における内視鏡的治療の位置付け
 ● 内視鏡的治療の方法
 ● 内視鏡的治療の手技
 ● 内視鏡的治療の成績
 ● 内視鏡的治療の副作用
 ● 内視鏡的治療後の注意点
 ● 内視鏡的治療後の再発リスク
おわりに

【Q アンド A 】
 内視鏡的治療後の検査の間隔は?
 再発はなぜ起こる?
 胃潰瘍がある場合の胃癌のリスクは高まる?
 ヨード過敏症がある場合の色素内視鏡は?
 経口腸管洗浄剤で起こる事故とは?
 内視鏡の器具は清潔?
 生検でがん細胞は飛び散らないの?
 内視鏡的治療技術の施設間の差は?
 肺がんでも内視鏡的治療は可能?
 「マイクロ・ロボット」による治療は?
 検診で内視鏡検査を先に行うことは?

2.がんの医療相談について~セカンドオピニオンの実際

国立がんセンター中央病院総合病棟部長、

現 栃木県立がんセンター病院長/児玉哲郎

いま受けている治療が本当にベストなの?
がん医療が進歩するに従って、がん医療をめぐる専門分化が進んでいます。
患者やその家族にとってのみならず、「いま、何がベストの治療か?」については、医師にとっても難しい判断が要求されます。
主治医外の医師に意見を求めるセカンドオピニオンは、患者・医療者双方にとって有意義なものであり、その積極的な活用を勧める講演。

【目次】
§1 がんセンターがセカンドオピニオンを受ける態勢
 ● なぜ 「セカンドオピニオン」 が重要なのか
 ● セカンドオピニオンの歴史
 ● がんセンターでの 「セカンドオピニオン」 の始まり
 ● 相談外来の内容
 ● 医療相談外来とセカンドオピニオン
§2 何が「医療相談外来」で相談されているか
 ● ご相談の内容
 ● 相談される方の背景
 ● 相談を受けた結果
 ● 「医療相談外来」 がしめす医療の現状
§3 セカンドオピニオンの現状と課題
 ● 皆さんが 「相談を受けたい」 と思われる環境は
 ● セカンドオピニオンの長所
 ● セカンドオピニオンがはらむ短所
 ● セカンドオピニオンはいかに可能か
おわりに

【Q アンド A 】
 紹介状がなくてもがんセンターは受診できる?
 元の病院に戻って気まずくならない?
 紹介状がもらえない
 セカンドオピニオンの経費は?
 「代替医療」 についての質問の内容とその答えは?
 肺がんの初期症状は?

株式会社 医事出版社
〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町
4番6号
TEL:03-5643-2215
FAX:03-5643-2217